各事業のご案内:県民の教養文化の向上及び福祉の増進を図ることを目的として、様々な催事を開催しています。

ホーム > セミナー・講座のご案内 > 労働教育事業 > 行動経済学を労務トラブル解決に活かす/揉める退職勧奨・揉めない退職勧奨【会場受講】  Y1

行動経済学を労務トラブル解決に活かす/揉める退職勧奨・揉めない退職勧奨【会場受講】  Y1

20220411132346097_0001

人間は論理では動きません。感情で動く動物です。労働問題は、まさに感情の問題です。

また、人間は不合理な意思決定を繰り返しています。

また退職勧奨を行うとなれば、労使の感情がぶつかり合い紛争に至りやすくなります。

本講座では、行動経済学を労務トラブル解決にどのように活かすかを実例を基に解説し、また、退職勧奨についてもいくつかの事例をもとに揉めないで紛争を予防するためのポイントを解説いたします。

危険予知や円満な合意締結のために利用し、実際の労務トラブルの解決に活かせるように丁寧に解説しますので、ぜひご参加ください。

 

■プログラム

■■第一部■■

■■行動経済学を労務トラブル解決に活かす■■

・おとり効果(選択肢を設けたほうが人間の判断が制限されてしまう)

・現在志向バイアス(目の前の利益を人間は優先する)

・プロスペクト理論(損失回避性) (交渉への応用方法)

・現状維持バイアス(現状維持を好む傾向にどう対処するか)

・ピークエンドの法則(経営幹部への退職勧奨で気をつけること)

・気質効果(言い訳をあえて作る)

・心理的リアクタンス(人間の「あまのじゃく」の性質を利用する)

・希少性の法則(希少性があるほうが価値があると認識しやすい)

・テンション・リダクション効果(交渉の優先順位、提案時期)

■■ 第2部■■

■■揉める退職勧奨・揉めない退職勧奨■■

・なぜ退職しないのか、退職しない理由から考える

・退職勧奨の成功率が高まる要素、下がる要素

・パターン別退職勧奨対応例

・職場でのローパフォーマー社員への対処法~避けるべき流れ・望ましい流れ~

・日報指導の有用性

・10事例~よくある紛争類型、揉める事例・揉めない事例~

開催日時

受付中

2022.05.27

AM 10:00 ~ PM 4:30

定員
コロナウイルス感染対策のため、会場受講人数には限りがあります。
場所

ハイブリッドセミナー 受講方法をご選択ください。
【会場受講】ウインクあいち17階セミナールーム
【WEB受講】Zoomウェビナー


受講料
10,000円(税込)
主催
公益財団法人 愛知県労働協会
後援
愛知県

講師

杜若経営法律事務所
弁護士 向井 蘭 氏

申込方法

■メールでお申込の方は下記の「インターネットから申し込む」をクリックして専用フォームよりお申し込みください。

■FAXでお申込の方は、下記の「申込用紙をダウンロード」をクリックして申込用紙(pdf)を印刷してFAX(052-583-0585)でお送りください。

折り返し、受講票と受講料振込用紙等を送付します。

なお、お申込み後2週間を経過しても書類が届かない場合は、大変お手数ですが、労働教育グループ(052-485-7154)までご連絡願います。

インターネットから申し込む

お問い合わせ先

公益財団法人 愛知県労働協会 労働教育グループ
TEL:052-485-7154
email:rodo@ailabor.or.jp

セミナー・講座

  • 愛知県WEBサイト
  • 名古屋市WEBサイト
  • 厚生労働省WEBサイト
  • 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構WEBサイト
  • ウィンクあいちWEBサイト

ページの先頭へ戻る