各事業のご案内:県民の教養文化の向上及び福祉の増進を図ることを目的として、様々な催事を開催しています。

ホーム > セミナー・講座のご案内 > 労働教育事業 > 企業における多様な働き方と人事の法務 Q&A  Y3

企業における多様な働き方と人事の法務 Q&A  Y3
~これからの働き方改革「フェーズⅡ」を 元経産省 産業人材政策室の堀田弁護士が解説~  Webセミナー<LIVE配信>

企業における多様な働き方と人事の法務-決定_220322down

◆多様な人材を活かすために必要な法律知識や留意点をQ&Aでわかりやすく解説します。
◆ジョブ型雇用、テレワーク、兼業・副業、フリーランス等、最新の動向を踏まえています。
◆経済産業省で働き方改革の政策立案に携わった弁護士が解説します。

 

働き方改革はコロナ禍よりも前から進められてきましたが、コロナ禍でのリモートワークの進展や働く人々の就労観の変化から、働き方改革の必要性はより加速しています。
現在進められている働き方改革は、閣議決定した令和3年度の「成長戦略実行計画」では、多様な働き方や新しい働き方を希望する方のニーズに応えるため、テレワークの定着や、兼業・副業の普及・促進、多様な正社員制度の導入等を促進し、「フェーズⅡ」の働き方改革を推進する旨の方向性が示されました。 「フェーズⅡ」の働き方改革は、優秀人材の獲得、イノーベーション創出による生産性向上の鍵となるものであり、いわば働き方改革の真の狙いといえます。
企業がこれまで行ってきた労働時間削減等の「フェーズⅠ」の働き方改革に続き、さらに多様な働き方のニーズに応える「フェーズⅡ」の働き方改革を推進していくためには、これまでの日本型雇用慣行からの脱却が求められ、これまで問題となってこなかった法的な課題に直面することになります。
そこで、本セミナーでは、多様な働き方を進めるにあたりポイントとなる、いわゆる同一労働同一賃金、ジョブ型雇用、兼業・副業、テレワーク、フリーランスの活用、そして人的資本の重要性について経済産業省産業人材政策室(当時)がまとめた「人材版伊藤レポート」について、元経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室で政策立案に従事された堀田弁護士が解説いたします。

 

開催日時

受付中

2022.06.23

PM 1:00 ~ PM 5:00

場所

Webセミナー ≪LIVE配信≫
会社や自宅のパソコンからWeb受講

受講料
9,000円(税込)
主催
公益財団法人 愛知県労働協会
後援
愛知県・愛知県労働者福祉協議会

講師

日比谷タックス&ロー弁護士法人
弁護士

堀田 陽平 氏

(元経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 室長補佐
平成30年10月 経済産業省経済産業政策局産業人材政策室室長補佐に任期付き職員として着任。兼業・副業、テレワーク等の柔軟な働き方、フリーランスの活躍、HRテクノロジーの普及促進等、生産性向上の観点からの働き方改革の推進、労働市場に関する政策立案に従事)

申込方法

■メールでお申込の方は下記の「インターネットから申し込む」をクリックして専用フォームよりお申し込みください。
■FAXでお申込の方は、下記の「申込用紙をダウンロード」をクリックして申込用紙(pdf)を印刷してFAX(052-583-0585)までお送り下さい。

折り返し受講票と受講料振込用紙を送付します。
なお、開催10日前までに受講票が届かない場合は、お手数ですが、労働教育Gまで確認をお願いします。

インターネットから申し込む

お問い合わせ先

公益財団法人 愛知県労働協会 労働教育グループ
TEL:052-485-7154
email:rodo@ailabor.or.jp

セミナー・講座

  • 愛知県WEBサイト
  • 名古屋市WEBサイト
  • 厚生労働省WEBサイト
  • 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構WEBサイト
  • ウィンクあいちWEBサイト

ページの先頭へ戻る