各事業のご案内:県民の教養文化の向上及び福祉の増進を図ることを目的として、様々な催事を開催しています。

ホーム > セミナー・講座のご案内 > 労働教育事業 > 短時間労働・高生産性を実現する「仕事の高密度化習慣」

短時間労働・高生産性を実現する「仕事の高密度化習慣」
~追われる働き方から、やりたいことを追求する生き方へ~

高密度化習慣JPG

私が提唱する高密度化仕事習慣とは、「単位時間あたりの生産性を極限まで高める仕事の習慣」です。

残業や非効率はいつも通りの仕事のリズム・やり方というパターンの結果だと私は考えます。

たとえば、

・朝一番にメールチェックする、郵送物を開封する

・会議の議事録は90分かけて作成する、上司に1日3回報告する

・21時なったら帰ろうというリズムになる・・

これらは個人が無意識に繰り返している働き方の習慣です。

残業グセがつくと仕事量いかんに関わらず遅くまで残ってしまう。

私にも深夜残業、休日出勤を繰り返していた経験があるのでよくわかります。そこで、大切なことは、テクニックを学ぶことと同じく、高密度の働き方を習慣化することにあると考えます。

今回の研修では、高密度仕事術とは何か?

習慣化するためにはどうすればいいかを習得していただきたいと思います。

開催日時

受付中

2019.11.08

AM 10:00 ~ PM 4:30

定員
60名
場所

アビタン(全労済愛知推進本部会館)
名古屋市熱田区金山町1-12-7

受講料
8,000円(税込)
主催
公益財団法人 愛知県労働協会
後援
愛知県・愛知県労働者福祉協議会

講師

古川 武士(ふるかわ たけし)

習慣化コンサルティング株式会社 
代表取締役

関西大学卒業後、日立製作所などを経て2006年に独立。

約5万人のビジネスパーソンの育成と1000人以上の個人コンサルティングの現場から「続ける習慣」が最も重要なテーマと考え、日本で唯一の習慣化をテーマにしたコンサルティング会社を設立。

オリジナルの習慣化理論・技術を基に、個人向けコンサルティング、習慣化講座、企業への行動定着支援を行っている。

著書は現在20冊で80万部を超え、中国・韓国・台湾など海外でも広く翻訳され読まれている。

企業向けの習慣化として、会社の仕事の生産性を高める「高密度仕事術」を実施しており、政府主導で行なわれている「働き方改革」への取り組みとして多くの企業からオファーが絶えない。

申込方法

■メールでお申込の方は下記の「インターネットから申し込む」をクリックして専用フォームよりお申し込みください。 ■FAXでお申込の方は、下記の「申込用紙をダウンロード」をクリックして申込用紙(pdf)を印刷してFAX(052-583-0585)までお送り下さい。

折り返し受講票と受講料振込用紙を送付します。 なお、お申込み後2週間を経過しても受講票が届かない場合は、お手数ですが、労働教育グループまで確認をお願いします。

インターネットから申し込む

お問い合わせ先

公益財団法人 愛知県労働協会 労働教育グループ
TEL:052-485-7154
email:rodo@ailabor.or.jp
  • 愛知県WEBサイト
  • 名古屋市WEBサイト
  • 厚生労働省WEBサイト
  • 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構WEBサイト
  • ウィンクあいちWEBサイト

ページの先頭へ戻る