各事業のご案内:県民の教養文化の向上及び福祉の増進を図ることを目的として、様々な催事を開催しています。

ホーム > セミナー・講座のご案内 > 労働教育事業 > 平成30年度 労働問題の最前線を考える2(3日間コース)

平成30年度 労働問題の最前線を考える2(3日間コース)
<働き方改革関連法に対応>同一労働同一賃金をめぐる最新動向と法改正を踏まえた「短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者」に関する適切な労務管理のあり方

20180820145535699_0001

長期間にわたり国会での審議がなされてきた「働き方改革関連法」の改正がようやくなされました。その柱となるのが、同一労働同一賃金、残業時間の上限規制、いわゆる脱時間給制度などになります。

「同一労働同一賃金」については、これまで、パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法等の改正が進められてきており、今年に入り、重要判例なども相次いで出されています。

本講座では、このような最新の状況を踏まえ、「短時間労働者・有期雇用労働者・派遣労働者」について具体的にどのような労務管理上の注意が必要か、ご説明します。

開催日時

受付中全3回

2018.12.03PM 6:30 ~ PM 8:30
2018.12.10PM 6:30 ~ PM 8:30
2018.12.17PM 6:30 ~ PM 8:30

定員
145名
場所

愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 大会議室(902)
名古屋市中村区名駅4丁目4-38

受講料
8,000円(3日間・税込)
主催
公益財団法人 愛知県労働協会
後援
愛知県・愛知県労働者福祉協議会

講師

千葉総合法律事務所
弁護士
千葉 博

申込方法

■メールでお申込の方は下記の「インターネットから申し込む」をクリックして専用フォームよりお申し込みください。
■FAXでお申込の方は、下記の「申込用紙をダウンロード」をクリックして申込用紙(pdf)を印刷してFAX(052-583-0585)までお送り下さい。

折り返し受講票と受講料振込用紙を送付します。
なお、講座開催10日前になっても受講票が届かない場合は、お手数ですが、労働教育Gまで確認をお願いします。

インターネットから申し込む

お問い合わせ先

公益財団法人 愛知県労働協会 労働教育グループ
TEL:052-485-7154
email:rodo@ailabor.or.jp
  • 愛知県WEBサイト
  • 名古屋市WEBサイト
  • 厚生労働省WEBサイト
  • 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構WEBサイト
  • ウィンクあいちWEBサイト

ページの先頭へ戻る