各事業のご案内:県民の教養文化の向上及び福祉の増進を図ることを目的として、様々な催事を開催しています。

ホーム > セミナー・講座のご案内 > 労働教育事業 > 平成29年度 労働問題の最前線を考える2(3日間コース)

平成29年度 労働問題の最前線を考える2(3日間コース)
<2018年版>具体例や書式から学ぶ「就業規則及び諸規程の最重要整備ポイント」

20170915153040921_0001

改正労働契約法による無期転換申込制度に関する平成30年問題が、いよいよ具体化する時期を迎えます。準正社員ともいうべき従来存しなかった社員に関する規程の整備という手間が必要となりますが、他方、見ようによっては、社内規程整備のチャンスでもあります。おりしも、労働者派遣法についても平成30年問題が到来し、優秀な人材の取り合いが現実の問題となり、中途採用社員の処遇や労務管理も新しい局面を迎えます。
他方で、各種ハラスメント概念の普及に伴い、問題社員に対する対応にも苦慮する企業が増加しています。
かかる事態に対応するには、就業規則を初めとする社内規程を整備し、担当者が安心して労務管理にあたることのできる環境を整備することが不可欠です。
本セミナーでは、規程の具体例も踏まえながら、近時の企業防衛策を検討していきます。

開催日時

受付中全3回

2018.01.15PM 6:30 ~ PM 8:30
2018.01.22PM 6:30 ~ PM 8:30
2018.01.29PM 6:30 ~ PM 8:30

定員
145名
場所

愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 大会議室(1002)
名古屋市中村区名駅4丁目4-38

受講料
8,000円(3日間・税込)
主催
公益財団法人 愛知県労働協会
後援
愛知県・愛知県労働者福祉協議会

講師

千葉総合法律事務所
弁護士
千葉 博

申込方法

■メールでお申込の方は下記の「インターネットから申し込む」をクリックして専用フォームよりお申し込みください。
■FAXでお申込の方は、下記の「申込用紙をダウンロード」をクリックして申込用紙(pdf)を印刷してFAX(052-583-0585)までお送り下さい。

折り返し受講票と受講料振込用紙を送付します。
なお、講座開催10日前になっても受講票が届かない場合は、お手数ですが、労働教育Gまで確認をお願いします。

インターネットから申し込む

お問い合わせ先

公益財団法人 愛知県労働協会 労働教育グループ
TEL:052-485-7154
email:rodo@ailabor.or.jp
  • 愛知県WEBサイト
  • 名古屋市WEBサイト
  • 厚生労働省WEBサイト
  • 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構WEBサイト
  • ウィンクあいちWEBサイト

ページの先頭へ戻る